2013年12月2日月曜日

石破氏「絶叫戦術はテロ行為」発言の本音


 自民党の石破茂幹事長は11月29日付けの自身のブログで、特定秘密保護法案に反対する市民のデモについて「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」と批判しました。

 石破氏は12月1日、富山県南砺市での講演で、「表現に足らざるところがあることはおわびしなければならない」と述べ、ブログでの発言を謝罪しました。しかし、その後、氏は記者団に「一般の方に大音量という有形の圧力を加えるという点で、(街頭デモは)民主主義と相いれない部分があり、(テロと)相通ずるものがある」と強弁しました。朝日新聞(こちらこちら)ほか各紙が報道しています。

 審議を十分に尽くさないで特定秘密保護法案を衆院で強行採決した自民党の幹事長に、民主主義を語る資格はまったくありません。そればかりか、政府に反対する市民の声をテロリズムと同一視するところに、同法案が成立した暁には、これが「防衛」「外交」「特定有害活動の防止」「テロリズムの防止」を目的にしていることを利用して、国会周辺のデモまでも取り締まろうという本音が見えているのではないでしょうか。

 日本を再び戦争の暗い時代に引き戻そうとする特定秘密保護法案は、ぜひとも粉砕しなければなりません。

多幡記

0 件のコメント: