2014年12月2日火曜日

「秘密保護法の廃止を求めます」:堺市民懇が朝日紙などに意見広告


 上にイメージを掲載した通りの(クリックすると、少し拡大された イメージが出ます)、秘密保護法の廃止を求める意見広告を、自由と自治・進歩と革新をめざす堺市民の会(略称「堺市民懇」)が、11月27日付けの朝日新聞朝刊大阪版(泉州、河内)に掲載しました。

 同じ意見広告は、11月28日付け毎日新聞にも掲載されました。広告費は、堺市民懇会員を始めとする、多くの個人、団体のカンパによってまかなわれました。

 秘密保護法が利用されれば、人びとが重要なことについて、「見ざる、聞かざる、言わざる」状態に追い込まれることを意味する挿絵は、地元の切り絵作家、前田尋さんによるものです。

 国民の「知る権利」を奪い、戦争への道につながる、そしてまた、憲法違反でもある、特定秘密保護法の廃止を求める声を大きく広げていきましょう。

(文責・多幡)

0 件のコメント: