2013年9月8日日曜日

原水禁世界大会に参加して:村上弦大さん


ぼくらは微力でも無力ではない

村上 弦大

 皆様には、カンパなど活動していただき、ありがとうございます。長崎の原水禁世界大会に参加して、とても充実した3日間をおくることができました。

 その中でも、ぼくの印象に一番残っていることは、オリバーストーン監督らの存在です。アメリカの中にも核に反対する人がいるということ、その人たちと交流することで、実際に考えさせられることが多くありました。

 また、韓国をはじめ、多くの外国の方も来られ、核の根絶を訴えていました。日本だけでなく、このように多くの国が行動を起こせば、次回のニューヨーク会議、その次の会議ぐらいには、核が完全に地球からなくなるのではないかと思います。

 その他に、開会の式の言葉に「行動せずして、変化はありえません。ひとりひとりが地元に帰り、何か一つでも行動を起こしてください」というのがありました。ぼくらは微力ではありますが、無力ではありません。何か少しでも行動を起こさないといけないな、と感じました。

(鳳南町 タンポポ薬局・薬剤師)

『憲法九条だより』第21号(2013年9月3日)から

2 件のコメント:

空野碧 さんのコメント...

祈りによって、
平和を守り抜きたいです...

Tatsuo Tabata さんのコメント...

 周辺国への軍事対抗主義に賛同する人たちに、平和的外交交渉のみが真の国際問題解決の道であることに気づいてほしいものです。