2013年9月22日日曜日

「安倍首相のパフォーマンスで汚染水漏れは解決できない;平和憲法と9条の精神こそが大事」:安斎育郎氏スピーチ


 昨9月21日、憲法9条京都の会が京都市下京区のシルクホールで「つどい」を開き、会場にあふれる900人以上が参加しました。同会代表世話人として、立命館大学名誉教授・安斎育郎氏とノーベル賞物理学者・益川敏英氏がスピーチを行い、9条の会の小森陽一事務局長が、「憲法のあらたな動きとこれに対決する私たち」と題する講演をしました。野田淳子さんが歌を披露しました。

安斎氏は、「安倍首相のパフォーマンスで汚染水漏れは解決できない。憲法9条改悪の延長線上で、原発の技術が核兵器開発に利用される懸念がある。平和憲法と9条の精神こそが大事だ」と述べました。

益川氏は、「自民党政府は本腰だ。これまで憲法9条を変えるのは願望であったが、いまやタイムテーブルに乗る具体的な課題だ」と指摘。そのうえで、憲法96条を変え改憲のハードルを下げる動きに触れ「わけのわからないうちに変わっていたということが起こる可能性がある。この会の存在をもっと広い方がたに広めることが非常に重要な時期に来ている」と訴えました。

[9月22日付けの、『しんぶん赤旗』の記事"Independent Web Journal" の記事を参考にしました。後者には、Ustream 録画(2時間38分)が、一定期間内掲載されています(掲載期間終了後は、会員限定記事となります)。]

多幡記

0 件のコメント: