2013年10月31日木曜日

11/10 福泉・鳳地域「憲法9条の会」主催学習会「オスプレイが配備された沖縄から 日本の平和を考える——憲法9条を守り広げましょう——」のお知らせ


オスプレイが配備された沖縄から
日本の平和を考える
——憲法9条を守り広げましょう——

  • 日 時:2013年11月10日(日)午後2時〜4時
  • 場 所:野田会館(堺市西区鳳東町5丁447、JR阪和線鳳駅から徒歩約6分)
  • お 話:伊波 洋一 さん(元宜野湾市長)
  • 参加協力券:500円(30歳までは200円)
  • 主 催:福泉・鳳地域「憲法9条の会」
  • 連絡先:電話/ファックス 072-273-5367 上田

 伊波洋一さんのプロフィール:1951年1月、沖縄県宜野湾市生まれ。琉球大学物理学科卒。宜野湾市職員、96年から県議2期7年を経て、普天間飛行場の県内移設に反対して2003年から宜野湾市長2期7年半。2010年11月の沖縄県知事選挙に立候補し惜敗。座右の銘は「基地のない平和な沖縄」。最近の著作『普天間基地はあなたの隣にある。だから一緒になくしたい』『対論・普天間基地はなくせる』『沖縄とヤマト』(いずれも、かもがわ出版)、『終わらない 〈占領〉 』(共著・法律文化社)。

 伊波さんからのメッセージ:堺市民の皆様、福泉・鳳地域「憲法9条の会」の案内で、沖縄の基地問題の訴えに参ります。沖縄ではオスプレイ強行配備に県民ぐるみで反対しています。住宅密集地の普天間飛行場はオスプレイ配備で騒音被害と墜落の危険性が増大し、各訓練場近くの住民も深夜まで騒音と振動の被害が深刻です。大阪府下の八尾空港でオスプレイの飛行訓練をさせようという唐突な提案もあります。なぜ、日本各地で米軍機が飛び回ろうとしているのか、沖縄の現状を含めて皆さんと一緒に考えたいと思います。

0 件のコメント: