2013年10月16日水曜日

平和憲法の果たす役割への認識を深める:「9条世界会議・関西2013」に約5000人が参加して


 「9条世界会議・関西2013」が10月14日、大阪市中央体育館で開かれ、国内・外から招いたゲストのさまざまな発言で、約5000人の参加者が日本の平和憲法の果たす役割への認識を深めました。10月16日付け『しんぶん赤旗』の「憲法の役割 再確認:9条世界会議参加者」と題する記事が伝えています。同記事が紹介している各国からの参加者たちの言葉を以下に引用します。

 韓国の人権派弁護士、キム・ジンクさんは、「なぜ一国の憲法の一条文をめぐって国際会議が開かれたのか。それは9条が日本の国民のみならず世界とアジアの人々に対する約束(不戦の誓い)であり、平和のための支えだからです」と語りました。

 立命館大学の君島東彦(あきひこ)教授は「9条は侵略戦争を起こした大日本帝国の軍隊を全面的に否定するアジアの民衆の安全保障」だったと指摘し、9条を加害とのかかわりでとらえる視点は当初あまり意識されなかったが、日本の民衆は米国からの改憲圧力をはね返す中で、9条をつかみ直してきたと話しました。

 韓国・仁荷大学のイ・キョンジュ教授は、いま国際社会で宣言の動きがある「平和権」の理念を先取りしているのが日本の憲法だと指摘しました。

 国際民主法律家協会のロラン・ヴェイユ副会長(フランスの弁護士)は「9条は、平和の国際法という文明の進歩を目指す方向に厳密に合致している。9条はむしろ模範だ」と力を込めました。

 今年初めて9条の存在を知り「驚いた」というチュニジアの弁護士、ベルハッセン・エヌーリさんは、「9条は市民が裁判所で平和を擁護するための今までにない方法だ。他国では、戦争する権限とは政治の問題であり、司法による審査の対象外とされる」と指摘し、現在同国で起草中の新憲法に、日本の平和憲法の精神を取り込むよう求める提案を準備していると話しました。

 平和を愛する世界中の人たちが、そのよさに注目している憲法9条を、私たちはぜひ守り通さなければなりません。

多幡記

0 件のコメント: