2015年6月29日月曜日

「安全保障関連法案に反対する学者の会」からアピール賛同者拡大・支援の依頼


 2015年6月28日付けで、表記の依頼メールが届きましたので紹介します。



安全保障関連法案に反対する学者の会の賛同者の皆様へ

 安全保障関連法案に反対する学者の会のアピールに賛同いただき、ありがとうございます。また、SNSなどで拡散いただいている皆様には心から連帯のご挨拶を送ります。6月27日9時現在で、賛同者は学者で7,000名を超え、市民で11,000名を超えました。今後、7月20日に学者による「100名記者会見」を行い、1万名を超える学者の連名によるアピールとして発表することを予定しています。

 政府・与党は、対米公約した「夏までに成立」の見通しが崩れ、9月27日までという異例の国会会期延長を強行しました。成立を断念させるには、法案に反対する国民世論と共同の行動を、空前の規模へと広げていくことが必要です。

 そこで、「学者の会」アピールへの賛同者の数を数倍に増やすために、さらに多くの方に声をかけていただくことをよびかけます。添付のチラシ(和文・英文)[引用者の注:和文版のみを上掲のイメージで示しました。クリックすると拡大イメージをご覧になれます。なお、ダウンロードは、「学者の会」ホームページから出来ます]を活用し、メールやSNSで広げてください。チラシを印刷して、配布・掲示することもお願いします。闘いはこれからが正念場です。よろしくお願いします。

 「100人記者会見」は、7月20日(祝)午後5時から学士会館2階202にて行います。出席いただける方は、事務局(anpogakusya4@gmail.com)まで、お知らせください。

 なお、今後の活動として法案に反対して運動している学生のグループSEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)と共同して集会・デモを行うことを予定しています。また、外国人記者クラブにおける海外発信の記者会見も予定しています。詳細については追ってお知らせします。これらの行動へのご参加をお願いいたします。

 安全保障関連法案に反対する学者の会
 事務局・佐藤学(学習院大学教授)



(文責・多幡)

0 件のコメント: