2015年6月12日金曜日

戦争法案、『毎日』『朝日』紙などが連日批判


 安保法制こと戦争法案に対して、『毎日』 『朝 日』紙などが連日、社説などで批判を続けています。中でも、2015年6月11日付け『朝 日』紙夕刊の「素粒子」欄の次の文が言い得て妙です。
 「数ではない」。はい、その通りです官房長官。数を頼んで民意を顧みず、憲法違反の安保法制のごり押しとは。
    ⭐︎
 護憲の学者も改憲論の学者も一様に憤る。もはや事態は違憲、合憲でなく非憲、否憲、無憲、亡憲、蔑憲の域。
 痛快ですが、笑ってばかりはいられません。いま、安倍政権は、かつて日本が日中戦争から太平洋戦争へ、そして敗戦へと突き進んだのと同じ道を歩もうとしているのです。この流れを、いま押しとどめなければなりません。

多幡記

0 件のコメント: