2015年3月31日火曜日

9条の「平和」の文字、国会審議で盛る:朝日紙「新聞と9条」連載初回


 朝日新聞夕刊が2015年3月30日から、「新聞と9条」と題する連載を開始しました。「戦争の放棄と戦力の不保持をうたった憲法9条は、どんな世情の下でどう生まれたのだろうか。そして新聞やメディアはどう伝えてきたのか」と問いかけて、初回には、敗戦直後、幣原喜重郎内閣が戦争の教訓を考える「戦争調査会」を発足させたことなどを記しています。

 同調査会は日本を占領していた連合国軍総司令部(GEQ)の意向で消滅しましたが、この「幻の調査会」で全国紙3紙の幹部が憲法9条草案への見解や戦争責任について考えを述べていた模様が、近年公開された速記録から明らかになったということです。

 そして、「平和憲法」制定までの道のりをたどり直した独協大名誉教授(憲政史)・古関彰一さんの、「9条は衆議院での審議を経て『平和を誠実に希求』することを世界に誓う内容となった。その意味でも単に押しつけられたのではなかった」という言葉を紹介しています。

 「新聞と9条」初回記事の全文はこちらでご覧になれます。

多幡記

0 件のコメント: