2013年5月10日金曜日

「九条の会」メルマガ第164号:石破氏が参院選で憲法9条改正訴えると発言。「九条の会」出番です


 表記の号(2013年5月10日付け)が発行されました。詳細はウェブサイトでご覧になれます。運動に活用しましょう。以下に、編集後記を引用して紹介します。なお、メルマガ読者登録はこちらでできます。
編集後記~石破氏 参院選で憲法9条改正訴える、と発言。いまこそ、手を広げ、手をつないで立ちはだかりましょう

 自民党の石破幹事長は熊本市で講演し、憲法改正について「憲法にはどこにも軍隊の規定が書かれていない。時代に合わなくなった憲法を見直すことが自民党の責務だ」と述べ、夏の参議院選挙で、憲法9条に軍隊の規定を盛り込む改正を訴える考えを示しました。

 この中で石破氏は、憲法改正について「主権独立国家にふさわしい憲法を作らなければならないというのが安倍総理大臣の思いだ。国家の独立が外敵の侵害で揺らいだ場合に独立を守るのが軍隊だが、憲法にはどこにも軍隊の規定が書かれていない。時代に合わなくなった憲法を見直すことが自民党の責務だ」と述べました。

 そのうえで、「参議院選挙では獲得する議席の数も大事だが、有権者にどういう思いで自民党に入れてもらうのかが極めて大事だ。憲法改正などを訴えれば、甘い話ばかりではなく厳しい批判を受けることもあるが、本来は自民党がもっと前にやっておくべきことだった」と述べ、夏の参議院選挙で、憲法9条に軍隊の規定を盛り込む改正を訴える考えを示しました。

 他にも同様な報道はありましたが、これは4月29日のNHKの報道です。

 「九条の会」、出番です。いまこそ、手を広げ、手をつないで立ちはだかりましょう。

0 件のコメント: