2012年1月29日日曜日

教育基本条例に反対するシンポジウム盛会


 橋下大阪市長の率いる「維新の会」が大阪府議会に提出した教育基本条例案に反対するシンポジウムが昨28日、大阪府守口市で開かれ、会場のロビーにまであふれる800人が参加しました。主催は、東京大学・佐藤学教授ら、条例案に反対する学者・文化人アピールの呼びかけ人で、「大阪の条例案は全国に悪影響をおよぼす」と、大阪入りして訴えました。

 佐藤氏は「教師、子ども、保護者らの信頼関係がなければ教育は成立しない。それを破壊する条例は決して許してはならない」と強調しました。また、「君が代」の起立斉唱の職務命令に違反した東京の教員の停職・減給処分を取り消した最高裁判決にふれて、「条例案の違法性は明らか。たたかって廃案に持ち込もう」と呼びかけました。

 他に前大阪市教育委員会委員長・池田知隆、前京都女子大学教授・前田佐和子、関西学院大学教授・野田正彰、精神科医・香山リカの各氏が意見を述べました。教師や若者ら、条例案に反対する人びとも壇上で発言し、会場には拍手と「そうだ」の声が飛び交いました。映画監督・山田洋次、脚本家・小山内美江子、前大阪市長・平松邦夫各氏からのメッセージの紹介もありました。

 以上は、『しんぶん赤旗』の記事を要約してお知らせしました。

 「堺からのアピール:教育基本条例案を撤回せよ」への賛同人も794人に増加しました。毎日新しい記事を掲載している同アピール事務局のブログを活用して、賛同と賛同人をさらに広げましょう。

0 件のコメント: