2013年3月26日火曜日

紙芝居『日本国憲法 変える? 変えない?』


 表記題名の紙芝居を新日本婦人の会が作製し、評判になっています(上のイメージはその表紙)。8枚からなるこの紙芝居は次のような呼びかけから始まります。
 いま、「憲法を変える」という人が昨年末の総選挙で多数になり、憲法を変える動きが強まっています。でも、そもそも「日本国憲法」ってどんなものでしょう? 何が書かれているのでしょう? 「日本国憲法」変える? 変えない? みなさん、紙芝居で、ご一緒に考えてみましょう。
 登場するキャラクターは、9条さん、憲子(けんこ)さん、法子(ぽうこ)さん。9条さんは、憲法9条についてのクイズを出したり、世界中(188カ国)の憲法を調べてみた結果、「日本国憲法は、いまでは世界で当たり前になっている "女性の人権" や "教育の権利" や "健康で文化的な生活をする権利" など、たくさんの「権利」が66年も前から盛り込まれている最先端の憲法」と説明したりします。

 9条さんはまた、「どうか、わたし9条を変えないで! 戦争なんかしちゃだめです! もっとわたしたちを使ってください」とアピールもします。

 この紙芝居は、新日本婦人の会のホームページからダウンロード出来ます(テキスト面とイラスト面が別々の PDF ファイルになっています)。

 (以上、3月26日付け『しんぶん赤旗』の記事「憲法 紙芝居で考える:9条 変える? 変えない?—新日本婦人の会が作製」を参考にしました。)

多幡記

0 件のコメント: