2014年7月23日水曜日

「『空襲は怖くない、逃げずに火を消せ』——防空法がもたらした空襲被害」:『前衛』8月号に大前弁護士


 大阪空襲訴訟の弁護士、大前治さんが、『前衛』誌2004年8月号に「『空襲は怖くない、逃げずに火を消せ』——防空法がもたらした空襲被害——大阪空襲訴訟が問いかけた政府の責任」と題する文を執筆しました。特集「『戦争をする国』の歴史が教えるもの」の一環となっています。(大前さんの提供による上掲のイメージは、クリックすると拡大版をご覧になれます)。

 大前さんの文は、防空法制と大阪空襲訴訟に関するもので、15ページ、15,000文字、写真9点を掲載し、大阪空襲訴訟の判決文も引用しています。社会運動の弾圧と防空演習との関係、今年5月の田村智子参院議員の質問、防空法制と現代の政治課題との関係など、同氏の著書『検証 防空法』では踏み込まなかった部分も記述しています。ぜひお読み下さい。

★月刊誌「前衛」 版元サイト http://www.jcp.or.jp/web_book/cat458/cat/
★通販サイト http://books.rakuten.co.jp/rb/12825147/

 (この記事は、大前さんからのお知らせを参考にしました。)

(文責・多幡)

0 件のコメント: