2011年9月21日水曜日

情報短信


◆平和を願う大阪空襲訴訟はこれまで10回の審理を経て結審しました。判決は12月7日です。有利な判決を得るため現在署名活動と裁判官への手紙行動を展開しています。ご支援お願いします。

◆原発事故と放射能汚染は収まるどころか広がる一方で、先日、高濃度セシウム培養土が鳳の公園でも使用されていることが分かり、大騒ぎとなりました。故郷を奪われた人たちもいます。人類と共存できない原発廃止を訴え、議論を広めましょう。

◆大阪府知事選挙が11月27日になるようです。橋下知事は咲洲庁舎への府庁全面移転断念や防災対策後退などをする一方で、「君が代」強制条例などの管理統制で維新の会やりたい放題の「独裁」を狙っています。このような府政をこのままにしていいのでしょうか?

◆民主・自民有力議員の改憲発言が相次いでいます。自民党政調会長の石破氏は著書で「改憲を党是…そうでなければ我が党の存在意義は無きに等しい」とまで言っています。

◆居座り続けた管総理が辞任。公約違反の道を進むなら、だれが代表でも未来はないでしょう。国民の期待に応える、国際社会に恥じない政治を望みたいものです。

 [以上、9月11日付け記事からここまで、『憲法九条だより』No. 15、2011年8月25日発行 から(一部修正して掲載)]

0 件のコメント: