2011年10月1日土曜日

「九条の会」メルマガ第126号:「さようなら原発 5万人集会」での大江さん、澤地さんの発言


 表記の号が9月25日付けで発行されました。詳細はウェブサイトでご覧になれます。運動に活用しましょう。主な内容は次の通りです。 

■事務局からのお知らせ
 ◇第4回「九条の会」全国交流集会実施要綱
 ◇「九条の会」リーフレットのデザインが新しく
 ◇「未来世代にのこすもの 私たちは何を『決意』し
  たか――九条の会講演会」のDVD、好評発売中
 ◇憲法セミナーブックレット「核のない平和な世界と
  憲法9条」
 ◇憲法セミナーブックレット「憲法九条の輝きを日本
  に世界に」
 など
■各地から:全国の草の根にはこんなに多彩な活動が!
■編集後記~「さようなら原発 5万人集会」(6万人が
 集合)での大江さん、澤地さんの発言

 編集後記は、大江さんと澤地さんのスピーチの最後の言葉を次の通り紹介しています。
 大江健三郎さん:私たちは、それに抵抗する意思を持っている。その意思を、想像力を持たない政党の幹部や、経団連の実力者たちに思い知らせる必要があります。そのために、私たちに何ができるのか。私たちには、この民主主義の集会、市民のデモしかないの
であります。しっかりやりましょう。
 澤地久枝さん:「老若同盟」と、亡くなられた加藤周一さんは言われました。老若男女を問わぬ、人間の砦を築いていきましょう。ここで私たちは負けることはできないのです。皆で一緒に、力を合わせていきたいと思います。

多幡記

0 件のコメント: