2011年9月10日土曜日

「九条の会」メールマガジン第125号


 表記の号が9月10日付けで発行されました。詳細はウェブサイトでご覧になれます。運動に活用しましょう。主な内容は次の通りです。 

■事務局からのお知らせ
 ◇九条の会第4回全国交流集会第2回運営委員会開催
 ◇「九条の会」リーフレットのデザインが新しく
 ◇「未来世代にのこすもの 私たちは何を『決意』し
  たか――九条の会講演会」のDVD、好評発売中
 ◇憲法セミナーブックレット「核のない平和な世界と
  憲法9条」
 ◇憲法セミナーブックレット「憲法九条の輝きを日本
  に世界に」
 など
■各地から:全国の草の根にはこんなに多彩な活動が!
■編集後記~野田新首相の9条観は?

 編集後記は、野田佳彦氏の著書『民主の敵~政権交代に大義あり』(新潮新書2009年7月刊)からの言葉を引用し、"首相になった野田さん、「靖国参拝」問題と同じようにこの「憲法」発言も軌道修正するでしようか" と記しています。引用されている文の中には、「…戦後の日本国憲法のことをよく『新憲法』といいます。しかし、世界中の憲法のなかで、すでに15番目くらいに古い憲法になっているそうです。とても新憲法といえる代物ではありません。9条はもちろんですが…」と、現憲法をこき下ろしたところがあり、もしもこういう考えを持ち続けているならば、首相不適格といわなければなりません。

多幡記

0 件のコメント: