2011年5月27日金曜日

「9条守れ」大阪62%:毎日紙報道


 5月4日付け毎日新聞は、憲法施行64周年の5月3日に関西各地で行なわれた催しを紹介し、大阪市役所前で市民団体が「憲法9条守る?変える?」と題して実施した街頭投票をその記事のトップに報じました(記事のインターネット版はこちら)。投票では、三つの選択肢を示したボードに通行人がシールを貼る形で行なわれ、「守る」62%の他、「変える」29%、「分からない」9%でした。この数字をあなたはどう見ますか。
『憲法九条だより』No. 14(2011年5月10日)

 後日の追記:5月3日付朝日新聞は、全国世論調査(電話)によると、憲法9条を「変えない方がよい」が59%で、「変える方がよい」は30%だった、と報じている。有効回答1842人という数字から統計誤差を計算して考慮すれば、59%は(59±2)%となる。毎日新聞の街頭投票にも同程度あるいはそれ以上の誤差があるはずだから、誤差の範囲で両調査の結果は一致しているといえる。ただし、朝日新聞の昨年の調査での、改正反対67%、賛成24%にくらべると、今年はやや差が縮んだ、という報道は、その通りと見なければならない。
(2011年6月19日、多幡記)

0 件のコメント: