2015年5月25日月曜日

6/7 野外集会「日本はどこに向かうのか パート3 ~なし崩しの海外派兵を許すな~」(大阪・扇町公園) のお知らせ


大阪弁護士会主催の表記集会が下記の要領で行われます。

  • 日 時:2015年6月7日(日) 午後3時~午後4時
  • 会 場:扇町公園(大阪市北区扇町1丁目、2丁目)
  • 概 要:
    従来,政府の憲法第9条解釈では,集団的自衛権は,その行使を許されないものと解されており,この政府解釈の下,自衛の範囲を超える武力行使につながる怖れのある自衛隊の海外派遣は行わないものとされてきました。

    ところが,昨年7月1日の閣議決定「国の存立を全うし,国民を守るための,切れ目のない安全保障法制の整備について」は,これまで憲法違反とされてきた集団的自衛権行使を容認し,海外での自衛隊の活動範囲を増大するなど,日本のこれまでの安全保障政策の転換を目指す内容でした。

    そして,この度,この閣議決定に基づいた安全保障法制の大幅な改正が予定されています。

    しかし,このような国の在り方の根本にかかわる転換は,国民の間での開かれた討論を経て,憲法第96条による改正手続によって,その当否が問われるべきものであり,これが,一片の閣議決定によってなし崩し的に行われることは,到底容認できるものではありません。

    現在,政府によって行われようとしている,憲法改正手続を経ない,なし崩しの法制化、及びそれに基づく自衛隊の海外派遣に反対するべく,本市民集会を企画しました。

    昨年の7月6日にも同じ扇町公園にて,皆さんのご協力によって,秘密保護法に反対して憲法9条を守るための5000名規模の集会を成功させることが出来ました。

    今回は昨年以上の参加者で反対の意思を示すことによって,政府のやり方に「NO!」を突きつけたいと思います。

    皆さん,ふるって,ご参加ください。

    ※お申し込みは不要です。直接扇町公園までお越しください。

上掲のチラシ(クリックすると拡大版をご覧になれます)はこちらからダウンロードできます。

(文責・多幡)

0 件のコメント: