2014年12月6日土曜日

「知らぬ間に戦争に:大阪空襲訴訟原告団代表 秘密保護法に警鐘」(大阪日日新聞)


 表記題名の記事が、2014年12月2日付け大阪日日新聞に掲載されました。

 記事は冒頭に、
 「知らない間に戦争に巻き込まれていく恐怖を、あの戦争で体験した」。特特定秘密保護法の施行が迫り、大阪空襲訴訟原告団の代表世話人を務めた堺市の安野輝子さんは「訳の分からないまま機密が増え、国民が気付かない間に戦争の準備が進んでいる」と警鐘を鳴らす。
と記しています。

 また、安野さんが、「戦争には正義もルールもない。国同士の戦いで、いつも国民が犠牲になる」、「国は先の戦争の後始末もまだできていない。被害を受けた国民に謝罪や補償をすることもなく、次の準備に向かうのか」などと語ったことも紹介しています。

 安野さんらは、裁判で国の責任を追及してきましたが、今年9月に最高裁で敗訴が確定しました。

多幡記

0 件のコメント: