2014年12月13日土曜日

メール「ギャップを超える」(12月12日付け)からのよい話


 大阪空襲訴訟原告団代表をつとめた安野輝子さんから、「ギャップを超える」と題するメールを転送してもらっています。原著者がどなたか知りませんが、平和を考えるためのよい話がたくさんつまっていて、たぶん、拡散を希望しておられると思いますので、その中のいくつかをここに引用して紹介します。



集団的自衛権行使で混乱がおさまった国ってありますか

「戦争で平和は築けない」は事実が示しています。
この20年、米国、ソ連などが同盟国を引き連れ「混乱をおさめる」とアフガニスタン、イラク、シリアなどに軍事介入。双方におびただしい犠牲者が生まれました。収拾がつかず結局軍を引き揚げましたが、そのあといっそう戦闘やテロが広がっています。


日本人の最大の誇り=平和ボケのまま人生をまっとうできる国

戦争で殺したことも殺されたこともない日々を重ねてもうすぐ70年。そんな国ってありますか。
韓国、北朝鮮、中国、英国、ロシア、フランス、イタリア、米国、ナチスの戦争犯罪に深い反省を示してきたはずのドイツ。いずれも第二次世界大戦後も戦争で他国民と自国の若者の命を失わせてきました。
「戦争を経験しないで人生をまっとうできる国」こそ世界の憧れ。早い話、日本人がグルメ好き、旅行好き、どんなに貧しくても草や花を愛でているのは70年戦争しなかったからこそ。「永遠のゼロ」でなく「永遠のボケ」を続けたい。
「集団的自衛権」で日本人の命を差し出すのが「愛国心」ですか。


丹後米軍レーダー基地は日本防衛に役立つの?

米軍レーダー基地が京都の丹後に建設されつつあります。日本を守るためには仕方ないのでしょうか。
  1. 北朝鮮のミサイル迎撃?
    元外交官・孫崎亨氏(京都民報で検索できる)>ミサイル防衛システムで撃ち落とすのは不可能。大陸弾道弾は秒速7キロで発射数分後に日本に届く。弾道ミサイルは千キロ以上、上を飛ぶ。イージス艦でも迎撃範囲は数百キロだから届かない。「米軍がミサイル迎撃に成功」のニュースは、あらかじめ発射時刻や目標を決めた上での成功。北朝鮮が事前に教えてくれる訳がない。ペリー元米国防長官はじめ専門家ほど技術的に難しいことを認めている。
  2. アメリカに向けて発射する場合日本に上空を飛ぶ?
    小学生でもウソと見破ります。地球儀を見せ「最短距離でアメリカに行くには」と問えば「北極圏を通るのが一番」と答える。



(文責・多幡)

0 件のコメント: