2011年11月20日日曜日

「九条の会」全国交流集会開く


 「九条の会」の第4回全国交流集会が11月19日、東京の日本教育会館で行なわれました。東日本大震災の被災地や沖縄を含め全国各地の代表が参加し、草の根の活動経験を持ち寄りました。震災復興や原発問題と憲法のかかわり、新たな強まりを見せている改憲策動への対抗策などについて、750人の参加者が熱心に交流しました。

 全体会の初めに、作家の大江健三郎さん、憲法学者の奥平康弘さん、作家の澤地久枝さんのあいさつがありました。大江さんは「福島で起きていることが二度と起きないように全力を尽くすことは、"憲法文化的" な仕事です」と述べました。奥平さんは、「[日本人が]3・11によって[憲法のよさを]再認識しているときに、憲法改正問題が "亡霊" のように出てきた。ここで、あらためて気をしめ直し、たたかいに挑む必要があります」と話しました。澤地さんは「"日本はいま世直しを求められている。[憲法が軽んじられている現状を]変えなければいけない” と思います」と語りました。

 (より詳しい報告はこちらでご覧になれます。上記のニュースは、このリンク先の記事を参考にしました。)

0 件のコメント: