2015年8月24日月曜日

「戦争法案反対」声明が100大学に:地元の大阪府立大学でも


 「戦争法案反対」の声が大学関係者に広がり、有志で声明を発表する大学が100を数えました(8月23日現在)。「安全保障関連法案に反対する学者の会」が6月に発表したアピールを受け、北海道から九州まで全国の大学に急速に広がっています。「学者の会」は8月26日に、声明の発表や集会を開催した100大学の有志による合同記者会見を東京都内で開きます。

 国立や私立だけでなく、熊本県立大学、大阪府立大学、下関市立大学、横浜市立大学など県立や市立の大学も声明を発表し、賛同者は早稲田大学2690人、京都大学2194人と、数千人規模を集める大学も出てきています。

 以上、2015年8月24日付け『しんぶん赤旗』の記事「『戦争法案反対』声明 100大学に広がる」を参考にしました。

 なお、「各大学の取り組み一覧」はこちらでご覧になれます(上掲のイメージはその中の近畿地方の部分)。本会の地元大学である大阪府立大学の「安保法制関連法案に反対する大阪府立大学教員有志の声明」(8月6日付け)は、こちらにあり、そのウェブページで賛同署名もできます。同大学になんらかの関係のある人(たとえば、「大学の地元住民」、「大阪府立大学の教育・研究に関心を持つ者」など)は誰でも賛同署名できると思われますので、皆さん、よろしくご賛同ください。

(文責・多幡)

0 件のコメント: