2018年6月26日火曜日

草の根での改憲勢力との激突、このたたかいの帰趨が安倍改憲の成否を決める ——「九条の会」メルマガ第281号


 「九条の会」メルマガ第281号(2018年6月25日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 以下の記事が掲載されています。
  • 事務局から
    • 3000万人署名を達成し、安倍9条改憲に終止符を
    • 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
    • メルマガについてのお詫びとお願い
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 宮前九条の会(神奈川県川崎市)
    • 九条の会.ひがしなだ(兵庫県神戸市)
    • 比企地域九条の会(埼玉県松山市)
    • 落合・中井九条の会(東京都新宿区)
      その他多数
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~草の根での改憲勢力との激突
 以下は編集子が最近、ある雑誌に書いた原稿の一部です。
 日本会議の櫻井よしこ氏らは、先ごろ「国会よ、正気を取り戻せ」との意見広告を右派系各紙に掲載して、「多くの野党、メディアはモリカケや自衛隊日報の『疑惑』追及に明け暮れ、事の軽重を完全に見失っている」、野党の目的は「安倍首相の掲げる憲法改正阻止にあるのではないか」と嘆いた。桜井氏らの「美しい日本の憲法を作る国民の会」の改憲署名運動は2014年に開始され、約4年を経た今年4月末で1000万に達したと発表されたが、「安倍9条改憲NO! 全国市民アクション」の署名運動は開始後8カ月の4月末で1350万に達し、引き続き3000万をめざしてつづけられている。全国の草の根で安倍改憲を目指す勢力と、それに反対し、9条を生かそうとする勢力の激突が続いている。このたたかいの帰趨が安倍改憲の成否を決める。

0 件のコメント: