2017年6月25日日曜日

安倍首相の改憲発言と自民党のスケジュールを念頭に対処を——「九条の会」メルマガ第258号


 「九条の会」メルマガ第258号(2017年6月25日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 商社九条の会・東京(東京都)
    • 女性九条の会
    • 九条の会・千葉医療者の会(千葉県)
      など
  • 活動報告
    • 平戸九条の会(長崎県平戸市) 憲法施行70周年記念5・28のつどい
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~安倍首相の改憲発言と自民党のスケジュール感
 自民党改憲推進本部長の保岡興治氏は、安倍首相の改憲発言を受けて、要旨「改憲項目は3つくらい、多くても5つ程度に絞り込む。年内をメドに自民党改憲案をまとめる。それを来年の通常国会に提示。早ければ6月ゴロの発議をめざしたい。衆院選と国民投票は別々に実施が適当だが、同時実施の政治判断の余地は残している」(23日読売)と発言。念頭において対処しなくてはならない。

 なお、『九条の会ニュース』第276号(2017年6月21日付け)が「出足早く! 安倍9条改憲批判の国民的運動を」の見出しで発行されました。こちらで閲覧・ダウンロード出来ます(A4版PDF、6ページ)。同「ニュース」にも各地の取り組みが掲載されています。6月20日開催の学習会「安倍首相の改憲発言をめぐって」の詳報は「ニュース」次号でお知らせし、また 講演の内容はパンフレットにして発行の予定、とのことです。

0 件のコメント: