2011年2月14日月曜日

憲法9条関係ツイート(2010年12月〜2011年2月半ば)


「九条の会」メルマガ108号 編集後記 朝鮮半島情勢に関する「武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)東北アジア」の声明、主要な6点の呼びかけを紹介。1.今すぐあらゆる軍事行動を止めること、 2.対話の... など。 http://bit.ly/fKo0aZ(2010年12月10日)

軍事力を誇示して隣国を脅すのは愚かしい。軍拡競争に陥るだけである。国際問題の解決はあくまでも外交で。憲法九条こそが国を守る:新防衛大綱 —「動的防衛力」を構築 中国、北朝鮮情勢懸念、毎日新聞 http://bit.ly/gQERrS(2010年12月24日)

憲法九条を忘れ、「死の商人」の肩を持つ妄言。嘆かわしい:"武器輸出三原則の見直し「先送り」は日本の安全保障に禍根を残す" 日経ビジネスオンライン http://bit.ly/eG4LcX(2010年12月24日)

ニュースレター九条科学者(No. 6)九条科学者の会事務局 2010.12.27 http://bit.ly/gmMszU「新安保懇」報告・平成22年版防衛白書にみる民主党政権の安保・防衛政策の危険な内容 など(2010年12月27日)

国民は眠ってなんかいません。憲法九条を守れの運動の広がりを見て下さい!:「私はあえて今回の新防衛計画大綱を歓迎する。新防衛大綱はわが国の防衛政策のパンドラの箱を開けてしまった。国民も目覚めるだろう。」— 天木直人 http://bit.ly/gSwcBm (2010年12月27日)

自民党・民主党間で今回の通常国会における参院憲法審査会規程成立への合意があると言われている。折しも新防衛大綱が策定され、中国・北朝鮮を仮想敵視する防衛体制作りが検討されており、この動きは容認できない。—「九条の会」メルマガ110号編集後記 http://bit.ly/gIRLDa(2011年1月25日)

頼もしい言葉である:「憲法9条を守る運動こそが、沖縄の問題を解決する唯一の方法であると、私は思います。…『九条の会』は、会場の大小はあっても、過去に訪れたところはいずれも満員の盛況でした。」— 日野原重明(聖路加国際病院理事長・99歳)、朝日新聞2011年2月5日付けe5面(2011年2月5日)

ニュースレター九条科学者 No. 7 http://bit.ly/h0nIkj 九条科学者の会発足6周年記念集会「おおいに語る─沖縄・日米安保・憲法九条」3月13日(日)のお知らせ、憲法九条関連日誌、書評:伊波洋一『普天間基地はあなたの隣にある。だから一緒になくしたい』など。(2011年2月14日)

多幡達夫

0 件のコメント: