2007年6月1日金曜日

改憲手続き法案の採決強行に抗議

憲法を守る多数派を作るためにがんばろう!

 改憲手続き法案が5月14日に参議院本会議で自民・公明の賛成で可決し成立しました。国民の声を聴く中央公聴会ぬきの採決に反対していた民主党が、どたん場になって密室の談合で採決に合意した責任も問われます。

 国の最高法規・憲法の改正については、国民の声を聞き十分時間をかけて論議すべきだという最低のルールも踏みにじり、与党の中からも拙速審議をいましめる声が出ていた中での暴挙です。そこまでしても憲法九条をかえ、アメリカとともに海外で戦争をする国づくりをめざす安倍首相の野望や焦りがはっきりとしてきました。

 世論調査ではここ数年、憲法改定派が減少し、九条支持派が増加しています。また、約8割の人が「憲法九条は日本の平和のために役立ってきた」と答えています。こうした国民の意識の変化は、全国の九条の会や、地域での私たちの草の根の活動が原動力になっていることによるのだと、改めて確信をもつものです。

 日本の憲法九条は世界からも「平和の宝」と見られています。二度と戦争をしない、戦力を持たないと誓って定められた憲法九条を守り、子や孫の世代に平和を手渡していくことが私たちの願いであり務めだと思います。

 改憲発議を許さず、思想・宗教・支持政党を超えた国民過半数を目ざして、「九条守ろう」の声を広げていきましょう。(事務局長・上田)

 [『憲法九条だより』第4号(2007年6月1日)から]

0 件のコメント: