2006年12月1日金曜日

人形劇で憲法九条署名を訴える

「子どもが戦争に行くことになってはこまります」と会員で署名行動

 11月23日(木)の祝日、新しく出来た南町防災公園において、12人で宣伝を行いました。寒風にもかかわらず散歩やジョギングをする人、体力づくりに励む人、それに子どもたちや赤ちゃんを遊ばせる若いお母さん、子どもと遊ぶお父さんがおられました。

 当日のメインは、日本国憲法九条を広げる人形劇「ジャスミンの爪の垢」でした。マイクで「はじまります」と案内すると、遊んでいた小学生の男の子たちが前の席に陣取りました。若いお母さんも、子どもを遊ばせながらやや離れて見てくれました。会員も半分見ながら半分は通行中の人たちに署名を訴えました。

 人形劇は、あの世で九条の会を結成した源じいさんとお咲ばあさんが、はるばる砂漠の国からやってきた美しい女性ジャスミンにふとしたことで出会い、仲よく九条の会の応援に出かけるというお話。最後はみんなで「青い空は」を歌いながら退場。関西弁で楽しく、手作りの素晴らしい人形で、公演のあと子どもたちは人形と握手をしていました。中には「次の土曜日もやらへんの?」と催促する子までいました。

 その後、公園で署名を訴え、さらに近くの家に組を作って訪問し、27筆の署名が集まりました。若いお母さんは「平和が心配です」とか「男の子が3人いるが将来戦争に行くなどあっては困ります」と署名して、励まして下さいました。次は、12月9日に定例の「九の日宣伝」を行います。年内に800署名を目指します。(事務局長・上田)

 [当会発行『憲法九条だより』第2号(2006年12月1日)から転載]

0 件のコメント: