2018年4月12日木曜日

自民党は[公文書である日報を隠蔽していた]この自衛隊を憲法に書き込むのか ——「九条の会」メルマガ第276号


 「九条の会」メルマガ第276号(2018年4月10日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。
  • 事務局からのお知らせ
    • 安倍9条改憲NO! 3000万署名達成へ 九条の会アピール
    • 9条改憲NO! 平和といのちと人権を! 5.3憲法集会2018 未来の命のために
    • 九条の会新作ポスター「安倍9条改憲は戦争への道」発売中
    • メルマガについてのお詫びとお願い
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 天竜平和を守る会(9条の会)(静岡県天竜市)
    • 富士見町九条の会(東京都東村山市)
    • 私学九条の会・東京(東京都
      その他多数
  • 活動報告
    • 九条科学者の会
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~自民党はこの自衛隊を憲法に書き込むのか
 行政府による隠蔽、改ざん、捏造(ねつぞう)は防衛省にまで波及。自民党・二階俊博幹事長「国会を通じて、すべてうみを出しきる」。自民党・森山裕国対委員長は「国民の信頼を裏切るもので、到底許されない。ことの重大性を共有している。全容解明、再発防止を急ぐべきだ」。公明党・大口善徳国対委員長「シビリアンコントロール(文民統制)の根幹を揺るがすもので許せない。日報は公文書であり、国民の知的財産だ。立法府としての真相解明が極めて重要だ」 などなど。それならば憲法9条に自衛隊の根拠規定を書きこむなどという議論の前提が崩れている。

0 件のコメント: