2016年6月11日土曜日

また争点隠しか、自民党参院選選挙公約——「九条の会」メルマガ第235号

 「九条の会」メルマガ第235号(2016年6月10日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。
  • 事務局からのお知らせ
    • 戦争法の廃止を求める2000万人統一署名は12000万筆を超えました
      2000万人署名は、さらに6月30日まで継続します
    • 九条の会事務局主催の学習会〜安倍明文改憲のねらいと背景を浮き彫りに
  • 各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
    • 大学生協九条の会(東京都杉並区)
    • 日本消費者連盟/消費者・生活者9
      条の会(東京都新宿区)
    • 富士見町九条の会(東京都東村山市)
    • など
 以下に、編集後記を引用して紹介します。
編集後記~また争点隠しか、自民党参院選選挙公約

 自民党の参院選公約が発表されました。焦点となっていた改憲については具体的な改正項目には触れず、「衆・参両院の憲法審査会で議論を進め、各党との連携を図るとともに、国民の合意形成に努め、憲法改正を目指す」などと触れるにとどめ、公約のいちばん最後にこっそり盛り込みました。年初以来、任期中の改憲を唱えていた安倍首相の発言はどこへいったのでしょう。過去の経験から見て、もし参院選で与党が3分の2をとったら安倍首相は、自民党の改憲路線は支持されたといって明文改憲に踏み出すことは必定です。こんなペテンを許すことはできません。

0 件のコメント: