2011年7月19日火曜日

日本科学者会議第42回定期大会決議


 日本科学者会議はさる5月28、29日に行なわれた第42回定期大会において、「『日米同盟』から平和憲法に軸足を移し、非核・平和のアジアの形成、住民本位の震災復興、基地被害・原子力災害の根絶を」という決議(全文はこちら)を、東日本大震災、東電福島第一原発事故にかかわる他の二つの決議とともに採択しました。

 とくに、その第三項には、「日本国憲法の改定、日米同盟の変革と深化が、急速に進められている。しかも、震災の混乱の中で、国民的論議を欠いたまま進められていることは重大である」として、憲法9条に深くかかわる情勢の分析が述べられています。一読して、私たち国民の気持ちを新たにする参考にしましょう。

多幡記

0 件のコメント: